40代向けの基礎化粧品でエイジングケア|美肌づくりのコツ

女性に人気の石鹸

石鹸

ピーリング石鹸は、女性の間で人気のコスメです。これには、肌の古い角質、脂質を除去してくれる効果が有ります。なので、肌のくすみ、ニキビなどに高い効果が有ります。ただピーリング石鹸を使えば効果があるわけではなく、正しい洗顔を行ってちゃんとした効果が有ります。

More Detail

石鹸を購入しよう

ソープ

洗顔石鹸は洗顔のために作られたもので、保湿効果や無添加などの商品もあります。この商品は今後洗顔するときに多く使われるでしょう。また洗顔石鹸は検索サイトで調べる事ができ、効能から特徴まで設定して検索する事ができます。

More Detail

年齢肌に応じたスキンケア

化粧品

女性の転換期を迎える年代

40代は女性にとって大きな転換期であり、特に40代後半からは閉経を迎える人も多く女性ホルモンが大きく減少します。それに伴い、肌の潤いや弾力に関係するエストロゲンの分泌量も減少し肌の乾燥を助長します。また、30代から肌の油分や水分量が低下していきますが、40代では顕著に変化が現れるのです。そのため、基礎化粧品は保湿力も大切ですが、エイジングケアという所に重点を置くことが必要になってきます。エイジングケア基礎化粧品は、メーカーによって様々な商品が販売されています。保湿はもちろんのことですが、コラーゲンのサポートや抗酸化といった機能が人気を集めています。40代からのエイジングケアを的確に行うには、自分の肌の状態に合わせた基礎化粧品を選ぶことが大切です。また、アレルギーを持つ人や敏感肌の人は添加物にも気を配ることが必要でしょう。

エイジングケア成分

加齢によるエイジングサインは、コラーゲンの減少によるたるみシワが挙げられます。また、保湿力が衰えることでバリア機能が低下し、紫外線のダメージを受けやすくなります。そのため、深刻なシミやシワなどの肌トラブルが現れ、回復が難しくなってしまいます。さらに、紫外線のダメージとして肌の老化を加速する酸化という現象にも注意が必要です。これらの現象をケアする基礎化粧品を選びましょう。保湿成分では30代の頃と同様に、セラミドやヒアルロン酸といった成分が有効です。さらに、エイジングケア成分としては、コラーゲン強化と抗酸化がキーポイントとなります。コラーゲンの生成を促進させるのは、ビタミンC誘導体やレチノールが挙げられます。また、抗酸化作用としてはビタミンC誘導体はもちろんのことですが、フラーレンやアスタキサンチンが挙げられます。フラーレンはビタミンCよりも高い抗酸化力を持ち、アスタキサンチンは紫外線に強い特徴があります。

乱れる生活習慣と栄養不足

目を閉じるウーマン

ニキビは余分な皮脂や汚れが毛穴を詰まらせ、それが原因で発生したアクネ菌が増える事で起きる症状です。ビタミンなどの栄養が足りてない場合や、不規則な生活習慣でも症状は悪化します。対策としてはビタミンB、Cなどの肌機能を活性化させる成分を摂り入れる事が大切です。食品殻だけでなく、スキンケアからも補いましょう。

More Detail

Copyright © 2016 40代向けの基礎化粧品でエイジングケア|美肌づくりのコツ All Rights Reserved.